« 『あさっての方向。』Original Sound Track "truth" | トップページ | 伊福部昭の指揮棒 »

2008.11.17

松来未祐|Memories ~Miyu Matsuki Best Songs~

 松来未祐という声優さんは、昔、みやむー目当てで『Missing Blue』とかいうゲームの握手会に行った時に、一緒に来てた人ってのが最初の記憶です。いつもながら眠そうで仏頂面に思えるような表情のみやむーの隣で、華奢でかわいい女の子がいたって印象でした。声優さんとして声を聞くより先に本人に会ったというのはこの人ぐらいかなぁ。
 その後、次第にアニメで声を聴く機会が増えてきましたが、やはり華奢でかわいい感じのキャラの声ってイメージが多いですね。(というか、最初の印象が頭に残ってるから、そうじゃないのは記憶から弾かれてるのかも知れません)
 あまり主役級をやってるって感じは無く、印象に残ってるキャラといえば『ダイバージェンス・イヴ』のコトコとか、『D.C.~ダ・カーポ~』の鷺澤頼子、鷺澤美咲、後は『ハヤテのごとく!』の伊澄ぐらいかな。

 そんな感じで、主役キャラを連発してるような売れっ子の声優さんと比べると少しマイナーな声優さんって印象があるので、キャラソンとかも限られてるように思えるのですが、意外にもベスト盤を出せるだけは揃ってるみたいです。(『D.C.~ダ・カーポ~』関連がゾロゾロって気がしないでもないですが)
 今回はその松来未祐のベストアルバム『Memories ~Miyu Matsuki Best Songs~』を取り上げてみます。とりあえずは収録曲の一覧を。


 01. ムスメゴコロ☆オトメゴコロ New Arrange Ver.
 02. ここだよ。 COCO version
 03. サニサニデイ♪
 04. おみくじ 第八千八百拾番
 05. アイ・ウィル!
 06. GOOD DAY
 07. 煌めきの彼方へ
 08. 心のそばに
 09. ほんとのきもち
 10. オレンジワルツ
 11. ちいさな翼
 12. 妄想クロッキー
 13. カメラ=万年筆
 14. ハンドメイドでNe!
 15. ハートにはきゅん!どきゅん!


 では、いつものように順番に聴いていきましょう。

 「ムスメゴコロ☆オトメゴコロ New Arrange Ver.」は『流星戦隊ムスメット』のED曲のソロバージョン。オリジナルは金田朋子とのユニットだったかな。
 弾むような感じの歌い出しで、全体的にはリズムに乗せて歌いっぱなしって感じの曲かな。掛け合いの部分とかはそれっぽくて、歌声もかわいい感じ。ただ、ソロバージョンだとコーラスのハモリとかも無いのでサビが少し寂しく感じます。
 間奏のギターのパフォーマンスなんかに比べるとボーカルは弱いんだけど、ミキシングとかでそれなりには補ってるようです。サビの末尾が体言止でシャウトな感じで終わってるんだけど、ボーカルのパワーからすると中途半端な感じですね。

 「ここだよ。 COCO version」は、コミックとらのあなのイメージソング。TVのCMで流れてるのは確かモモーイの歌だったような……と調べてみたら、オリジナルは今は無きUNDER17ですか。そういえば、貯まる一方で使い道の無いポイントカードで辛うじて交換したCDがどこかに転がってたかな。(UNDER17のアルバムにも入ってますね)
 途中に入る「萌え萌え萌え萌え……」とかいう露骨なフレーズが妙に頭の中に響きます。やたら「アアアアン」とかいう掛け合いが入るのも印象的です。ま、CMで流れてるサビと後奏部分だけやたら耳に馴染んでますが。
 割と軽めのノリの良い曲だけど、伴奏はちょっと単調で安っぽい感じがします。間奏部のディストーションギターのフレーズもパターン的に付けただけって感じですし。ボーカルとは関係の無い部分ですが。

 「サニサニデイ♪」はコレクションフィギュアで展開されてる『鉄道むすめ』から広島電鉄・鷹野みゆきのイメージソング。車掌さんらしいです。
 華奢な感じでかわいい歌声、忙しくはたき掛ける感じの、いわば掛けっこソング的な曲ですね。元気でかわいい妹キャラってイメージがしますが、松来未祐の持つ華奢なイメージを活かした曲かな。
 「えいっ」って掛け声がかわいくて良いです。

 「おみくじ 第八千八百拾番」は『ハヤテのごとく!』の鷺ノ宮伊澄のキャラソン。『ハヤテのごとく!』のキャラソンは全巻購入特典目当てで全部買っちゃいましたが、買っただけで聴いてないですね。アニメイトの購入特典でがっちりしたケースが付いてきたのに収まってどこかに転がってるはずですが。
 軽いテクノ系のポップに少し和風の旋律を絡めた不思議な雰囲気の曲です。80年代の矢野顕子辺りの作風に似た感じなのかな。ささやくようなコーラスを前面に出してきてるので、テクノっぽいくせしてアコースティックな感じが印象的です。
 おっとりした伊澄のキャラに松来未祐の声は絶妙にはまってる感じで、もう何も言うことはありません。

 「アイ・ウィル!」はTVアニメ『D.C.~ダ・カーポ~』から鷺澤頼子のキャラソン。頼子は猫耳キャラとしては長身なイメージがあるから声ももうちょっと大人びたイメージを予想してたのですが、実際には声だけ聴いたらチビ猫みたいな印象ですね。正体が正体で外見は借り物ですからそんなものかも知れません。
 なんか脆く、頼りなさげではかない感じの、朝倉家に来たばかりの頼子のイメージって印象ですね。家事のお仕事で一生懸命尽くしたいといういたいけな気持ちが全面的に押し出されていて、初々しさが瑞々しい歌です。
 音楽的にはゆっくりとした4拍子系の古典的なダンス曲のイメージで、バイオリンやアコーディオンによる優雅な伴奏が心地良い曲です。

 「GOOD DAY」は同じく『D.C.~ダ・カーポ~』から頼子のキャラソン。
 こちらは2拍子系の曲でおとなしめのボーカルだけど、強い思いが込められてるという感じがします。物語も進んできて朝倉家での生活に慣れた頼子が、はっきりと恋愛感情的なものを意識しているような感じの歌ですね。

 「煌めきの彼方へ」はPS2版『D.C.P.S.~ダ・カーポ プラス・シチュエーション~』から頼子のキャラソン。ゲームはベスト版が出た時に買ってみましたが、まだ積みゲー状態ですね。
 先のTVアニメ版のキャラソン2曲が現実的な日常をベースに歌ってるのと比べると、こちらのキャラソンはファンタジックで抽象的な歌という印象を受けます。サウンドもエレキ系がメインになって少し激しく力強い感じです。その分、頼子の気持ちは一層はっきりと表に出してるような歌になっています。

 「心のそばに」も『D.C.P.S.』から頼子のキャラソン。
 前曲に比べるとほんわりした感じの曲。アコースティックギターをバックに、少しフォーク系の香りがします。サビでバックが急に分厚くなってくる辺りはいかにも歌謡曲っぽい作りですが。
 この曲も歌詞はファンタジックで抽象的な恋の歌って感じかな。間奏部分はギターじゃなくてベースがメインになってるみたいなのが印象的です。

 「ほんとのきもち」も『D.C.~ダ・カーポ~』関連で頼子のキャラソン。これは確かヴォーカルセレクションとかのミニアルバムに入ってたカバー曲。オリジナルはyozuca*で、アニメ本編の挿入歌として使われています。さくらが魔法の桜の木を枯らしたために頼子が消える回かな。
 さっぱりとしたギターの伴奏でアコースティックな感じのする曲です。それでいてサビはボーカルをメインに力強く歌い上げられます。2コーラス目で一瞬だけどアカペラっぽく聴こえる部分が印象的。
 頼子のキャラクターイメージを総まとめにしたって感じで、ちょっと切ない感じのボーカルが特徴的ですね。

 「オレンジワルツ」はTVアニメ『D.C.S.S~ダ・カーポ セカンド・シーズン~』から鷺澤美咲のキャラソン。ま、猫耳じゃない頼子というか、こっちがオリジナルの存在ですけど。この作品の美咲の扱いは甚だ不親切で、かなり不満の残るところでした。ファンサービスとしてゲスト出演させてるだけだといえばそうかも知れませんが。
 ピアノの伴奏によるワルツ風の3拍子の曲。穏やかでファンタジックな感じの歌ですが、単調なメロディーにささやきを重ねてるってイメージですね。頼子より引っ込み思案の美咲らしいというか、物陰でこっそり想ってるだけの恋心って感じが良く出ています。

 「ちいさな翼」は松来未祐自身による作詞のオリジナル曲かな。
 エレギやドラムが激しいロック系のやや激しい曲。それに比べてボーカルは甘くかわいい感じで、それでいて一生懸命歌ってる感じがひしひしと伝わってきます。その辺りの精一杯さが初々しくて良いですね。
 歌詞の内容は、彼氏のことを信じる強さを手に入れた女の子って感じですか。


 「妄想クロッキー」は『ひだまりスケッチ』の吉野屋先生のキャラソンです。
 設定年齢に比べてやたらと乙女っぽい歌で、これもある意味、電波系のイメージですね。バックはスローだけどド派手。色で言い表すと、ショッキングピンク大爆発って感じの印象です。

 「カメラ=万年筆」は『HAND MAID マイ』とかいう作品のOP曲。よく知らないけど、『HAND MAID メイ』の関連作品でしょうか。
 ボーカルは小林沙苗、浅井清己、松来未祐の3人。各人のソロパートから始まって後半が3人のコーラスという形式ですが、松来未祐は先の2人がAメロを歌った後でテンポが変わってドラムが少し引っ込んだBメロ部分のソロを歌ってるため、ソロとしては一番印象に残ります。
 Bメロ後半からコーラスになりますが、サビの直前の「ハンドメイドが~~」って辺りがなぜか耳に残ってクセになる曲です。
 曲自体は間奏でディストーションギターが鳴り捲ってるハードロック系の典型的なアニメソングって感じですが、サビのラストの「万年筆」が体言止になってて、「筆」の部分が1音しかないので「まんねんひっ」になってしまってるのは作りとしてどうかって気がしますね。作詞の問題でしょうけど。

 「ハンドメイドでNe!」は同じく『HAND MAID マイ』のED曲。ボーカルも同じく小林沙苗、浅井清己、松来未祐の3人です。
 こちらは掛け合いとかのセリフ部分以外はソロ無しのコーラス曲です。曲はよくあるアニメのED曲というか、単調でゆるやかにステップするようなテンポで、その割りにバックはメタル系のハードな感じってタイプ。

 「ハートにはきゅん!どきゅん!」はドラマCD『16-sixteen-2nd』のパイとかいうキャラクターのデビュー曲だかなんだかそういう設定の歌らしいですが、よく知りません。
 何とも言えない弾けまくった物凄い曲ですね。ファンコールみたいなバックコーラスが入ってるのはライブステージでも想定してるのかな。やたらアイドル気取りの女の子がぶりっ子(死語)しまくってるて感じです。ま、松来未祐の歌声だから独特の雰囲気が出てるって感じがしますが。
 これ聴いてると吉野屋先生のイメージが浮かんで来るのは気のせいかな。

     ☆ ☆ ☆

 音楽的にどうこうというアルバムじゃなく、声優さんらしいキャラクターソングを集めただけのベストアルバムで、それ以上でも以下でもありません。ただ、それだけに歌い手がどれだけキャラクターを自分のものにしてるかってところが問われてくるジャンルでもありますが、最近は声優さんに演技させるというよりも声優さん自身の個性に合わせたキャスティングというのが多いからか、ここに集められた曲なんかはあまり意外性のある歌とかいう発見はありませんね。逆に言えば、松来未祐という声優さんのイメージ通りに安心して聴けるアルバムって感じですか。
 一発ネタのようなキャラソンも多い中で数を占めてるのが『D.C.~ダ・カーポ~』関連ですが、キャラクターに正面から向き合った真面目な作りの曲で揃っていて、それがこのアルバムの押さえになってる感じです。結果的にバラエティのあるアルバムに仕上がってるといえるでしょうか。

(発売元:ランティス LACA5815 2008.09.26)


MEMORIES~Miyu Matsuki Best Songs~
MEMORIES~Miyu Matsuki Best Songs~

|

« 『あさっての方向。』Original Sound Track "truth" | トップページ | 伊福部昭の指揮棒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3819/43139800

この記事へのトラックバック一覧です: 松来未祐|Memories ~Miyu Matsuki Best Songs~:

« 『あさっての方向。』Original Sound Track "truth" | トップページ | 伊福部昭の指揮棒 »