« YAMATO Premier Live in Columbia St. 2000.12.3 | トップページ | 芦屋交響楽団/『シンフォニア・タプカーラ』 »

2006.04.17

川田まみ SEED

 KOTOKOと並ぶI'veの歌姫、川田まみのメジャーデビューアルバムです。
 I'veというと、その独特のドンシャリ系サウンドで一躍ゲーム音楽の世界を席巻し、アニメにまで進出してきた音楽集団ですが、KOTOKOにしろ、この川田まみにしろ、I'veの曲を歌ってる人というイメージが先行し、個々のシンガーのボーカルとしての印象があまり無かったりするのが正直なところです。
 印象が無いと言っても、それはI'veのサウンドと切って離せないということであり、そのボーカルあってこそのI'veサウンドのボーカル曲であることは確かで、ドンシャリと並ぶI'veの特徴そのものを現してると言って過言ではないでしょう。

 曲目は以下の通り。

 1.roots
 2.緋色の空
 3.radiance
 4.seed
 5.precious
 6.悲しみの森
 7.昼下がりの午後
 8.Not Fill
 9.undelete
 10.you give…
 11.another planet~twilight~

 1曲目はプロローグ的なスキャットとインストゥルメンタルの曲。スキャットは本人によるものと思いますが、I'veっぽい始まりです。
 2曲目の「緋色の空」は『灼眼のシャナ』、3曲目の「radiance」は『スターシップ・オペレーターズ』のOP曲で、派手派手で馴染みの深い曲が初っ端に固められていてどうかって感じがしますが、最初に代表曲を聴かせることで川田まみの世界というものをリスナーに提示しようということでしょうか。

 この後からアルバムのオリジナル曲が入ってきます。しかし、初っ端の2曲がそうであるようにバリバリのI'veサウンドが幅を利かせていて、川田まみというよりもI'veのアルバムってイメージが強いのは、シンガーメインのアルバムとしては賛否の別れどころかもしれません。

 ま、I'veの曲だからってバリバリのアップテンポな曲ばかりと言うわけではありませんが、そんな中で「悲しみの森」のようなちょっとスローだけど力強く歩んでいくような感じの曲、「undelete」のようなちょっと切ない感じのする曲、「you give…」のような温かく元気付けてくれる感じの曲なんかは好みですね。
 最後の「another planet~twilight~」。「緋色の空」のシングルのC/W曲の別アレンジですが、ここではしんみりとした感じにアレンジされてるのが効果的です。
 I'veのアップテンポな曲って、どうしてもボーカルは口先だけリズムを追っかけるような発声に聴こえがちなんですが、これだけゆったりとした曲になると本当のボーカルの声が聞こえてきて、シンガー自身の存在を再確認させられます。

 どうしてもI'veサウンドが目立ってしまうアルバムですが、そのI'veのサウンド自体も歌姫たちのボーカルによって色付けされたイメージであるのは確かなので、どっちだけ片方を切り取って語るべきものではないような気がします。
 今回は典型的なI'veサウンドを集めたようなアルバムの観がありますが、I'veだってこういう曲ばかり作ってるわけでもないし、次は違った味付けのアルバムで一層ボーカルの魅力を引き立てたアルバムが出てくることを期待したいです。

(発売元:ジェネオン GNCA-1080 2006.03.29)

SEED(初回限定盤)(DVD付)
SEED(初回限定盤)(DVD付)

|

« YAMATO Premier Live in Columbia St. 2000.12.3 | トップページ | 芦屋交響楽団/『シンフォニア・タプカーラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3819/9630834

この記事へのトラックバック一覧です: 川田まみ SEED:

« YAMATO Premier Live in Columbia St. 2000.12.3 | トップページ | 芦屋交響楽団/『シンフォニア・タプカーラ』 »