« 七つのヴェールの踊り 伊福部昭作品集 | トップページ | 『日本組曲』デュオ・ウエダ、伊福部昭を弾く »

2006.02.19

野中藍 あいのうた

 これは野中藍のファーストアルバムだそうです。
 野中藍という人は『宇宙のステルヴィア』のしーぽん役で名前を覚えたのですが、その後はあんまり何をやってたかって印象が無いんですが、最近『ぱにぽにだっしゅ!』の一条さん役とか『びんちょうタン』のびんちょうタン役でちょっと気になってるかな……という感じですね。
 キャラクター的には癒し系の声ってことになるのでしょうが、一条さんの声を思い出したら癒されるものも癒されないような気が……

 それはさておき、ファーストアルバムです。主題歌を歌ってるとか、サントラ盤に入ってるとかしないとキャラクターソングなんてものは聴かない口なので、どんなボーカルかってのは未知数で聴いたのですが……なんか一条さんがかわいい子ぶって歌ってるようなイメージが。これが地声なんですかねぇ。
 ボーカルもちょっとキャラクターソングを歌ってるというか、そういう感じの歌い方です。正直なところナチュラルのボーカルというより、作り声ってイメージがどこか感じられ、文字通りの声優さんのアルバムって感じがします。
 純粋に一般向けのアルバムというより、とりあえずファン向けに作りましたって感じなんでしょうね。

 曲の方はもうちょっとしんみりとした癒し系で攻めて来るかという期待があったのですが、予想に反して元気な曲が主体。なんか言外にボーカルに不安がありますって言ってるような感じがするのは気のせいでしょうか。
 全体的に軽いテンポのPOPな曲で統一され、無難といえば無難。よほどじゃない限り失敗はしないでしょうけど……ただ、これが聴く人に《声優・野中藍》を印象付けるアルバムかどうかというと、ちょっと疑問が残るところです。不安はあるかもしれないけど、多少は冒険してほしいなと感じます。
 そりゃ、どんな作りのアルバムでもキャラクターソングのように歌ったら、とりあえずそれは野中藍のアルバムって言い訳立つのかもしれないけど、でもそれは歌手としての野中藍の力を引き出したアルバムでは無いような気がします。キャラクターソングのような歌い方ならそれはキャラクターソングでやればいいことですから。

 個々の楽曲については嗜好の別れるところですが、「スノー・ホワイト・グラフィティ」や「アイノウタ」の押せ押せで進撃してるような感じの曲が、ある意味このアルバムのコンセプトを表してるようで、耳に残って離れません。
 それよりちょっと抑えた感じの「初恋フリル」「黒猫の瞳」「fairy」というところが本来ならお薦め曲というところなんですが、ボーカルにもうちょっと柔らかさがほしいところですね。
 しかし、たぶん一番のお薦めは「epilogue〜あいのうた〜」なんですね。ボーカルのある曲よりメッセージを読んでるだけの曲の方が良いってのは……ある意味、声優さんのアルバムとしては正しいのかも知れませんが……でも、この曲がリスナーに感じさせる印象を他のボーカル曲で表現できれば、きっと素晴らしいアルバムになると思うんですが。
 次回作に期待したいと思います。

(発売元:キング KICS-91210 2006.02.01)

あいのうた(初回)
あいのうた(初回)

|

« 七つのヴェールの踊り 伊福部昭作品集 | トップページ | 『日本組曲』デュオ・ウエダ、伊福部昭を弾く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3819/8736920

この記事へのトラックバック一覧です: 野中藍 あいのうた:

« 七つのヴェールの踊り 伊福部昭作品集 | トップページ | 『日本組曲』デュオ・ウエダ、伊福部昭を弾く »